マンション購入にまつわる税金

中古マンションを買う時、所有する時には必ず税金がかかります。
ここでは、中古マンションにかかる税金を取り上げます。

中古マンションを買う時の税金

●不動産取得税
土地、建物を取得した際に、その不動産が所在する都道府県が課税します。不動産取得税本則の税率は、4%ですが、平成27年3月31日まで3%に軽減されます。 不動産取得税の計算方法は「固定資産税評価額×税率=税額」ですが、中古マンションのような「居住用財産」を購入した場合は、軽減措置があります。詳しくは弊社スタッフへお尋ねください。 固定資産税評価額とは、各市町村等が土地一筆・家屋一軒毎に評価している価格のことです。

●登録免許税
土地・建物を取得して所有権保存・移転の登記をする際、また、土地・建物を担保にお金を借りて抵当権設定をする際など、登記をするときには必ずこの税金を国に納税しなければなりません。 ほとんどの場合、登記を司法書士に依頼しますので、税金を納めている感覚は薄いかもしれませんね。 登録免許税の税率は、登記の種類によって異なりますが、「所有権の移転」は2%となっています。ただし、所有権移転の登記は、平成27年3月31日までは1.5%に軽減されます。 登録免許税の計算方法は、不動産取得税と同様「固定資産税評価額×税率=税額」となっています。

●印紙税
売買契約書や工事請負契約書、金銭消費貸借契約書に収入印紙を貼付し、消印を押すことで納税します。 不動産の売買契約の場合、金額により税額が異なります。ちなみに、1000万円超5000万円以下の場合、1万円となっています。(平成30年3月31日まで)

●消費税
個人間での売買の場合、売買代金には消費税は課税されません。

中古マンションを所有してる時

●固定資産税・都市計画税
毎年1月1日現在の土地建物の所有者に対して毎年課税されます。なお、「都市計画区域外」にある土地・建物を所有している人には、都市計画税は課税されません。 固定資産税の税率は、各市町村により異なりますが、標準となる税率は1.4%です。都市計画税は0.3%です。 固定資産税・都市計画税の計算方法は、「固定資産税評価額×税率=税額」となっています。